自然療法での多汗症対策

特に神経質、パニック、不安、強迫概念による発汗を減らすのに効果があるホメオパシー療法が多数あります。ナット・ムール(6X)は皮膚と皮膚腺のための強壮剤として、ホメオパシーで広く使用されており、発汗などの身体からの液体分泌物に使用できます。

過剰な発汗(多汗症)を抑えるハーブ療法&ホメオパシー療法

日中に脇の下が汗で濡れて、不快に感じることがよくありますか?
多汗症が、社会生活における恥ずかしさや不安を避けようとするあまり、仕事や個人的な関係に影響を与えますか?

過剰な発汗は解消できます。いつまでも悩まされる必要はありません。たぶん、これまでに、様々なことを試してみたと思います。すべてうまくいかなかったとしても心配いりません。

このサイトでは、制汗剤、ピル、ボトックス注射を使用して、発汗に対処できるかもしれませんが、これらは根本的に治すことではありません。完全に治すには、1つまたは複数の原因を解決する必要があります。

多汗症の人は一般的に太りすぎです。余分な重量のためい、肉体への負荷が大きく、ストレスを受けます。ストレスの症状が過剰な発汗です。すなわち、太りすぎや水分の摂り過ぎはダメです。太りすぎは脱水を引き起こします。脱水は汗が多くなるもう一つの原因です。中核体温を維持するための水分が不十分な場合は、体は自身をクールダウンしようとします。そのため、太っている人はほとんどが、日常的に様々な種類のジャンクフードを食べるようになります。その中には、脂肪が消化しにくいため、身体に大きなストレスをもたらす原因となる高脂肪食品を食べることもあります。また、防腐剤や塩分が含まれた食品を食べることもあるでしょう。塩分は、脱水すなわち過剰発汗の原因となります。これらの種類の食品には、毒素が含まれている場合があり、デドックスが必要になります。

以上の説明から分かるように、余分な脂肪を減らすだけで、異常な発汗を克服することができるのです。

もう一つ考慮すべきことは不安です。汗の問題に悩んでいる人の多くは、同様に不安の問題も抱えています。不安に感じたり、ストレスの多い生活をしていると、汗をかくのが多くなります。今日では、多くの人はストレスが多い状況に置かれています。自然界では捕食者に出くわしたときにストレスを感じたものです。それを感じた時には、身体は戦いを挑むか、飛んで逃げるかのいずれかです。心臓がドキドキし始め、身体機能は動きに備えてギヤが入ります。発汗はその一部です。仕事の大きな負担や気難しいクライアントのために、ストレスを受けると、同じように反応してしまいます。私たちの体も同じように反応します。転職したり、ストレスの対処方法を学習したりすることは、ストレスへの反応を減らして、できるだけ発汗を抑えるのに良い方法です。

不安は通常、発汗によってさらに増幅され、新たな発汗を引き起こし、悪循環に陥ります。不安に感じていると自然に汗がふえますが、それを気にしすぎるので、そうなるのです。他人が自分の汗に気付いたり、そのことを噂しているのではないかと心配になることがあるかも知れません。このように考えるだけで、汗の状況がさらに悪化しますので、効果的に不安に対処する方法を学習すれば非常に役に立ちます。

汗が多くなった原因が分かります。毎日の生活やライフスタイルを振り返ると、自分の中で汗が多くなる原因を把握し、どのように対処すればいいかを判断してください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする