過剰な発汗を減らす方法

過剰な発汗を減らす方法 – 発汗の制御と低減のためのヒント

発汗

発汗とは、哺乳類の皮膚にある汗腺によって分泌される液体の生成です。人間にはエクリン腺とアポクリン腺の2種類の汗腺があり、エクリン汗腺は体の大部分に分布しています。

過剰な発汗は、世界中の多くの人々にとって頭痛の種です。この状態を表す医学用語は、汗腺によって異常な量の汗を生成する臨床的障害を示す「多汗症」です。米国では約7万人が多汗症と診断されています。ここでは、過剰な発汗に対して、どの対策が最良であるかについて説明します。

過剰発汗対策 #1 手術

まず第一に、対策として自然療法と手術があります。最近の研究では、過剰な脇下の発汗治療にボトックスを使用して成功しています。脇下の発汗を治療するための応用は比較的最近開発されたものですが、この治療法は50年以上実施されています。ボトックスには多くの欠点があるものの、多数の人がこの方法に満足しています。ボトックスは、4ヶ月ごとにボトックス注射を行う必要があり、これらの注射は安くないので、多額の費用が必要です。

過剰な発汗対策 #2 重曹

自然に治癒させる方法がいくつかあります。これらの自然発汗治療の一つは、重曹を使います。すべきことは、唯一、脇の下を洗って乾かし、そこにソーダを塗るだけであり、非常に安価かつ効果的です。この方法は手頃な価格で、誰でも毎日使用できますが、脇の下に重曹を塗って歩くのは少々違和感があります。

過剰な発汗の対策 – 脇の下の汗を忘れます!

汗は、主にナトリウムやカリウムおよび他の化学物質の塩化物である各種の塩が含まれた水分から成ります。したがって、やや塩辛い味です。

汗は、皮膚の下、特に手のひらや足の裏、そして頭や脇の下の皮下にある汗腺で作られます。通常、人体には200〜300万の汗腺があり、女性のほうが男性よりも多くなっています。しかし、女性はテストステロンホルモンのため、男性ほど汗をかきません。

汗は、視床下部によって活性化される脳から受け取った命令によって形成され依存します。何らかの理由で体が加熱されると、血液に熱が伝わり、暖かくなった血液が脳の視床下部に達すると撹拌されます。その結果、熱を制御し、温度を正常にするプロセスが神経を振動させて、汗腺において汗の生成が始まり、体の様々な部分が汗をかき始めます。

大気の熱と乾燥のおかげで、汗は蒸発し始めます。このプロセスでは、体の熱を利用して、体温を低下させます。夏季中は、人間の体は排泄し、毎時間リットルもの汗をかいて、身体を冷やし続けます。

通常の発汗は、良好な健康状態のしるしです。発汗は、皮膚の細孔を開き、皮膚は適切に酸素を取り込みます。これにより、輝きと艶を保持します。

過剰な発汗は、水分や塩分の過剰喪失となり、脱水症状、頭痛、眠気、不安、そして時には嘔吐を引き起こします。患者はどうしていいか、分からなくなります。体が冷えて、呼吸が速くなり、脈拍数が上がります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする